ヒートスリム42℃ ロロチェンジパッチ

ヒートスリム42℃の代わりに似た感じのカイロや温湿布は?

ヒートスリム42℃は高いから安く購入できる使い捨てカイロや温湿布を代わりに使ってみようかな…

 

なんて、考えていませんか?

 

湿布

 

特に貼るタイプのカイロだと同じように使えそうなイメージですよね。でも、注意が必要なんです。そのワケとは、、、

 

 


目 次

  1. ヒートスリム42℃は使い捨てカイロとここが違う!
  2. ヒートスリム42℃の代わりに温湿布を使ってはいけない
  3.  

 

 

ヒートスリム42℃ 公式サイト

 

 

ヒートスリム42℃は使い捨てカイロとここが違う!

 

ヒートスリム42℃がお腹を温めてダイエットにつなげる商品だと聞くと、使い捨てカイロや貼るカイロで代用できるのでは?と考える方もいると思います。

 

使い捨てカイロ

 

確かに使い捨てカイロや貼るカイロもヒートスリム42℃と同様にお腹を温めることが可能です。しかも使い捨てカイロはヒートスリム42℃と安価な商品なので、もし代用できたら温活にかかる費用を節約できると思ってしまいがちです。

 

 

しかし、実際にヒートスリム42℃と使い捨てカイロの温めるメカニズムを比べてみると、大きな違いがあるのです。

 

 

使い捨てカイロは鉄粉の酸化で発生する熱を利用して、商品そのものの温度で身体を温める仕組みです。これに対してヒートスリム42℃はカプサシンの力を用いて、身体自体の力で温まる仕組みとなっています。

 

 

どちらも身体を温める結果には変わりありませんが、カイロのように外部からの熱で温める場合は低温やけどなどが発生する可能性を考慮しなければなりません。

 

 

つまり、逆に言うと、ヒートスリム42℃は使い捨てカイロと違ってやけどの心配をせずに使える商品だということです。

 

 

一見すると同じように感じるかもしれませんが、安心して温活ダイエットへつなげたいならヒートスリム42℃を使うようにしましょう。

 

 

ヒートスリム42℃なら寝る前に貼る使い方もできるので、とても便利ですよ。

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

ヒートスリム42℃の代わりに温湿布を使ってはいけない

 

ヒートスリム42℃を貼るカイロだけでなく、温湿布と比較する人もいます。

 

腰に温湿布

 

確かに貼って使うという点は同じですし、貼った部分が温まるという結果も同じなので、似たような使い方ができるのでは?と思ってしまっても仕方がありません。

 

 

しかし、温湿布でヒートスリム42℃の代用をすることはできないので注意しましょう。

 

 

そもそも温湿布は温活ケアでダイエットをサポートする商品ではなく、痛みを感じている部位に貼って痛みをやわらげるために使うものです。痛みに対応するために鎮痛成分や消炎成分など、ダイエットとは無関係な成分が含まれています。

 

 

そのため、何の痛みも感じていないときにヒートスリム42℃と同じ感覚で温湿布を貼ってしまうと健康上の問題が発生する危険性が考えられるのです。

 

 

また、使い心地という意味でも温湿布はヒートスリム42℃に劣ります。

 

 

温湿布は厚みがあるので服の下に貼って生活すると動きづらさを感じることがありますし、お腹まわりに貼ることを前提にしていない形状なので使いづらいです。

 

 

1枚あたりに換算した場合には湿布の方は値段は安いですが、コストパフォーマンスを良くするために温湿布をダイエットパッチとして使うことはやめておいた方が無難です。

 

 

ヒートスリム42℃ 公式サイト

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

ヒートスリム42℃とロロチェンジパッチ 評判が良いのはどっち? のトップに戻る