ヒートスリム42℃ 夏 冬

暑い夏と寒い冬…ヒートスリム42℃は大丈夫?

暑い夏に熱いヒートスリム42℃は辛すぎない?

 

夏のヒートスリム42℃

 

今回は、真夏でのヒートスリム42℃の使い方や逆に冬だとどうなのかなどを考えてみました。

 

 


目 次

  1. 夏こそヒートスリム42℃の出番
  2. 寒い冬もヒートスリム42℃で快適な眠りを
  3.  

 

 

ヒートスリム42℃ 公式サイト

 

 

夏こそヒートスリム42℃の出番

 

気温が上昇する夏にヒートスリム42℃を貼ると熱さに耐えられないのではないかと心配していないでしょうか?

 

 

確かに夏の炎天下で温活ケア商品のヒートスリム42℃を使っても効果的でないイメージがあります。

 

 

しかし、実際の生活を思い浮かべてみると、夏は冷房がかけられている場所で過ごすことも多いものです。クールビズなどの施策も浸透してきてはいますが、まだまだ夏場はがんがんエアコンをかける会社やお店が目立ちます。

 

 

そのため、建物内で長時間働いている場合、冬の寒さより夏のエアコンによる冷えの方がつらいということもあるでしょう。

 

 

お腹まわりが冷えてくると体調を崩しがちになりますから、夏こそ体調管理のためにお腹を温めることが大切になるのです。ヒートスリム42℃なら夏の冷房下でもお腹中心に身体を温めることができます。

 

 

しかも貼るシートが薄いので、夏の軽装の下に貼っていても見た目からは分かりません。そのため、周囲に与える印象はそのままでしっかりとしたお腹の冷え対策が可能です。

 

 

夏の冷えに悩んでいる人はヒートスリム42℃を日常生活の中で使ってみてはどうでしょうか。

 

 

一度貼ってみればカプサイシンの働きで温めるパワーをすぐに実感できると思いますよ。

 

ページの一番上に戻る

 

 

寒い冬もヒートスリム42℃で快適な眠りを

 

もちろん寒い冬の季節にもヒートスリムは便利なアイテムです。

 

 

夏は冷房をつけっぱなしのままで寝る人が多いのに対して、冬は寝るときに暖房を消すことが多いと思います。特にストーブを使っている場合、火事を起こさないためにも寝る前に電源を切ることは必須です。

 

 

そのため、ベッドに入ってから寒くて夜なかなか眠れないという悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。ヒートスリム42℃は起きているときだけでなく睡眠中でも使える温活パッチなので、寝る前に貼るという使い方でもOKです。

 

 

貼るカイロなどと違ってやけどしない仕組みであることに加え、8時間持続するので寝ている間ずっと貼っておいても問題ありません。

 

 

冬でもヒートスリム42℃を使えばお腹を温めた状態で、ゆったりとリラックスして寝ることができるわけです。

 

 

また冬ほどではありませんが、春や秋といった季節にも急な冷え込みで眠れなくなることがあります。人によっては寒暖差アレルギーでさまざまな症状が出ることもあるでしょう。

 

 

そのため、季節を問わず普段から温活して気温差に負けない状態を保つことがベストと言えます。ヒートスリム42℃は冬以外の温活ケアにも使える商品なので、冷え込み対策にうってつけのアイテムです。

 

ヒートスリム42℃ 公式サイト

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

ヒートスリム42℃とロロチェンジパッチ 評判が良いのはどっち? のトップに戻る